医薬品製造設備、食料品製造設備で蓄積した検査技術で、
製造者の義務と消費者の安全志向をサポートさせて頂きます。

 豊かな未来を技術でひらく

お電話でのお問い合わせ

03-5624-2501

インターネットからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

印字検査装置

印字検査に関する技術情報をご案内いたします。

マルチパターン検査

 マルチパターン検査は良品パターンから、パターンの欠け検出するための内側のパターンと、パターンの汚れを検出するための外側のパターンを作成し、 更に線の太さを段階的に変化させたパターンを複数作成します
。  それぞれの組み合わせでパターン検査を行い、1つでも良品判定するものがあればその文字を良品とします。
 印字の押し圧によって文字の線の太さに変化があっても、NG判定することなく検査が可能です。

イラスト001

マルチパターン検査では以下の様な検査を行うことができます。
文字の線の太さの制限ができる

 パターンの範囲を制限することにより、線の太さの許容範囲を指定することも出来ます。

イラスト002

インクのにじみの影響を抑えられる

にじみが発生する印字のときは、内側と外側のパターンの組み合わせを変え、パターン間のクリアランスを大きくすることにより、にじみの影響を抑えることができます。

イラスト003

↑ PAGE TOP