医薬品製造設備、食料品製造設備で蓄積した検査技術で、
製造者の義務と消費者の安全志向をサポートさせて頂きます。

 豊かな未来を技術でひらく

お電話でのお問い合わせ

03-5624-2501

インターネットからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

チューブ容器パンク検査装置

内容物(用剤)充填後、チューブ容器の
シール不良等による漏れがないかを検査し
不良品を排出します。

 充填直後のチューブ容器がコンベアー上を流れ、加圧ローラーにて加圧された直後に、 バックライト照明によりチューブ容器のシール部を照らし、そのシルエット映像をカメラにて取り込みます。
 そして、画像処理機にてチューブ容器のシール部に異常がないか(パンクによる内容物の漏れがないか)検査を行い、排出装置にて系外排出を行います。
 合わせて、シールエンドの「Rカット」も同時検査が可能です。医薬品や化粧品から食品まで、様々な製品分野で活用実績があります。
 インライン型なので、既存の作業コンベアー設置が可能です。

【対象異物】
ラミネートチューブ、プラスチックチューブ、アルミチューブ、パウチ袋容器等

チューブ容器パンク検査イメージ

特長

◎  検査は、「内容物の漏れ」の他に「シール幅」「傾斜度合い」「Rカット状態」の検査を行います。

撮影時のシルエット画像と内容物漏れ検出時の検査画像

仕様

検査精度 1.0mmの異物
処理能力 200本/分(条件により変わります。)
画像処理 専用高解像度画像処理装置(VISCANNERシリーズ)
画像分解能 512×480 (画素)
カメラ 高解像度デジタルCCDカメラ
照明装置 LED面発光照明

↑ PAGE TOP